DHAでアトピーを改善するために必要な摂取量が驚きの量だった・・・

アトピーDHA

 

DHAでアトピーが改善すると話題ですが、気になるのは必要なアトピーDHA摂取量ですよね。
DHAでアトピーが改善するために必要なDHA摂取量をご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

DHAの摂取量は、一般的には、アトピー性皮膚炎などの症状が進んでいて、できるだけ早く改善したいという場合は、1日あたり2g前後の摂取が好ましいといわれています

 

積極的な予防には1gくらいが好ましいといわれています。
またアトピー改善のためではなく、毎日の健康維持のためにDHAを摂取したいという場合は、0.5g(500mg)というような摂り方が良いと推奨されています。

 

DHAは、不飽和脂肪酸のひとつで、青魚の油に多く含まれ、日本人は魚類を食べることによって多く摂取してきました。
現在の平均的な日本人の魚の摂取量から、1日のDHAの摂取量はだいたい400mg程度といわれています。

 

したがって、アトピー性皮膚炎の症状緩和のためにDHAを摂取したいと考えている方は、青魚の摂取量を増やしてみたり、青魚からではなく、DHAをサプリメントなどで摂取する必要があるといえます。

 

しかし、魚を毎日摂取するといっても、調理も手間がかかりますし、何より味に飽きてしまう・・・という方が多いみたいです
魚が好きな人なら毎日摂取しても苦にはならないと思いますが、魚が苦手な人は魚を毎日摂取するのは大変ですよね

 

アトピーDHA

 

ですので、そういう方はDHAサプリやDHAドリンクなどで摂取してみてくださいね
DHAドリンクはヨーグルト味で、子供に毎日飲ませている方もいるくらい、子供でも飲みやすい味なんですよ

 

ちなみに、昔の日本人は魚を多食していたことで1日にDHAの量としては2gをはるかに超える量を摂っていたと言われています。
それでアトピー性皮膚炎や花粉症が少なく、老人性痴呆症や、癌が少なかったのではないかと考えられています。
ですので、魚はもっと積極的に食べたいですよね。
日々の食事はこれだけ健康に悪影響を及ぼすのです。
赤ちゃんモデル募集